3つの素材でごちそうに格上げ! 市販の焼肉のタレ豚丼

2017年11月18日

2日風邪で寝込んで、回復した今日・・・掃除に精を出しすぎて夕飯の支度が間に合わない。ありますよね、夕飯の支度の時間が超短い日。主婦でさえこれだもの、仕事してたらそんなんばっかりだと思います。(私はそうでした、ご飯どうやって作ってたかなんて覚えてない)

そういう日は「市販の焼き肉のタレでどんぶり」はいかがでしょうか?鶏肉でも豚肉でも牛肉でもおいしく出来ます。市販のタレそのままでも美味しいのですが、あるものを付け足すと「間に合わせ」が「ごちそう」に変わります。

あさかわだ家の手抜き豚丼の作り方

長時間の無い時よくやるやつです。お弁当にも使います。

みなさんもやりますよね?!やらない?!Σ(・∀・;)ウソー

  1. 肉を切る(豚でも鶏でも牛でもラムでも)
  2. 焼きます
  3. 焼肉のタレをかけます
周りと弁当を比べない良心的なY氏
お弁当に入ってたら、おーいいねえと思うけど?
焼いて、絡めるだけ

これを足すと豚丼がアップグレード

でも、夕飯にこれだけ出すとちょっと寂しい。いかにも間に合わせって感じです。まあ美味しいですけど。長男Kなんて「これ、エバラのタレかけただけでしょう」って言います。ですがアップグレードさせてからは、文句なくみんな喜んで食べてくれます。

その1 みりん

みりんは本みりん。自家製もそろそろ絞る予定

焼いた肉にタレを絡める前に、みりんを絡めます。市販のタレも甘いのですがさらに甘めが加わると、より豚丼っぽい。照りも加わるかなと。砂糖を加えてもいいけれど、みりんの方が低GIだと思ってみりんにしています。

しっかり焦げ目が着いてから、みりんを絡めます。

みりんの量は適当、一回しくらいなので大さじ2あるかなくらいだと思います。

みりんを絡めた後は、通常通り焼肉のタレを絡めます。

その2 半熟卵か温玉

卵がきらいじゃなければ、おすすめ。前にも記事にしたことがあるのですが、これをのせると格上げです。格上げ。これだけでご飯食べられる。

焦らずしっかり冷やしてから剥くようにしています。

今回は半熟卵です。沸騰したお湯から6分茹でました。卵は常温にもどしても冷たくてもどちらでもオッケーだと認識しています。詳しくは過去記事を御覧ください。

その3 すりごま

ごまをその場でするだけで、香りがプラスです。時間は全然かからないのでおすすめです。意外と手間にならない子なのが、すりごまちゃんです。

すりごまは見た目より手間がかからない、実は初心者向け素材だと思う。

前にも似たような記事を書いていたΣ(・∀・;)変わらずすりゴマ押しです。

おまけ ネギについて

一番はじめの画像だとネギの青いのが見えると思います。味のアクセントに良いだろうと思って乗せたんですが、ちょっと存在感強すぎました、ちょっぴり辛いし、苦い。

長ネギの青いところじゃなくて、小ねぎだったらいいと思います。

あさかわだ
でも小ねぎってあまり味が分からないから私なら長ネギの白い部分がいいな。白髪ネギなら尚良。でも私はそんなに手軽に作れないのでみじん切り、細かめにするかな。量は少なめがいいな、まあこの辺はお好みですねー

実食

長男K大喜び、さっさと平らげてくれて助かりました。

温玉にほっこり、そしてちょっぱやで出来た夕飯でもおいしく食べられてほっ。

最良のものを作って、至福を感じるも大好きですが、日々の食事全てを全力で作るのは不可能です。私にゃ無理。基本的に「おいしければいいんじゃない」なので市販のタレもあれば使うし、お気に入りのものもあります。(ベル食品の冷やし中華のタレ)

ただ、市販のものは飽きが来ることが多くて、続くとしばらく食べたくなくなったりします。で、また久しぶりに食べると(゚д゚)ウマーってなったりするけど。

ありますよね?そういうの。因みに今、食べ過ぎて食べたくないのは北日本フードの「スーパーキムチ」美味しいって言って食べ続けてたんだけど、今はちょっとお休み中。