6月14日(木) ツナのオイル煮とピーマン炒め

2018年6月28日

本日の記録  曇り 謎の貧血

ようやっと、梅酢があがってきました。

初めて「梅酢」と聞いた時は違和感ありました。梅汁じゃないか?と。

完全に浸るまでは、もう少しかかりそう。

そして、昨日作った自家製ツナ缶(マグロのオイル煮)が美味しかったので、今日も作ってみました。今回はびん長マグロ。

びん長マグロで作ったツナ缶は「ホワイトツナ」とか「ホワイトミート」の名称に。なるほど、びん長くん、昨日のキハダ君よりも白いです。今回はニンニク片も入れてみました。オイルは昨日使用したオリーブオイルに新しいのを追加して利用。

 

そして、鍋底に残ったオリーブオイルでピーマンとハムを炒めて一品。ローリエとニンニクの香りがする美味しいピーマン炒め。

普段ピーマンを渋い顔で食べる長男Kも、殆ど食べない次男Tも、ガツガツ食べてくれました。追加で塩や醤油をかけてもよかったけれど・・・かけなくてもピーマンが美味しかった。

道産のピーマンを見つけたんですよ!地物野菜コーナーがある「ホクレン」に最近良く行きます。ダンボールを回収しているし、地物野菜あるし、百均あるし、便利。