5月10日 塩ふき昆布

2018年6月28日

今日の記録

天気 晴れ

 

冷蔵庫に移していた納豆は、やはり粘りが弱い。そして、落ち着いたと思っていた匂いは・・・しっかりあった。やや、ウッとくる。・・・・食べたくない。

ついに、新しいまな板を使用。ふるさと納税で手に入れたヒバ材のまな板なのだけど、もったいなくて半年寝かせてしまった。木の香りがいいです、水に濡らすと香るのかな。キッチン中が木の香り。納豆臭から立ち直った。

ラムネは一晩乾燥させたら、どちらも食感がラムネに近くなっていた。ブドウ糖で作った白いラムネは見栄えはともかく、ラムネとして合格です。もっと粉々している食感にしたいけど。

 

今日の一仕事は、塩ふき昆布。出汁を取った昆布を冷凍貯蔵していますが、イケアのイエローがいっぱいになるくらいで使います。煮物だったり、塩昆布だったり。400gくらいです。

酒・砂糖・みりん・酢・醤油で煮詰めて、一日干します。半乾きになったら、塩・砂糖を追加でパラパラし、さらに乾燥させます。冬場は1週間位干していたけど、今はどうかな。

 

気が進まないけれど、納豆を食べてみた。一口だけ食べて「?これで、いいのか?」という出来。断じて「美味い」とは言えなかった。まず粘りがたりない。そして納豆の味なのか、腐った味なのか判別がつかない。ともかく、怖い。お腹いたくなりませんように。

でも、納豆用の小さな大豆を使ったので、これは良かった。やはり普通の大豆だと大きすぎる。もっと安心して食べられる出来になったら、家族に振る舞おうと思う。今はだめだ。

 

こどもの日に食べ損ねて、悔いが残っていた柏餅を食す。

シャトレーゼで買った柏餅は・・・・餅じゃなくてゼリーみたいだった。なんで寒天が入っているの?そして、アレルギー表示の「さけ」ですが、どこに鮭の要素が??着色?保存?保存料しらこってなに。(←文句言うなら買うな)