アジアン系調味料

自家製食べられる焼肉のタレ。ドレッシングにも!

2019年6月17日

こんにちは、自家製ギーク主婦あさかわだです。うちの常備調味料になって久しい焼肉のタレについてシェアします。

自家製焼き肉のタレは便利。焼き肉以外にも、野菜炒めの味付けや、ドレッシングにも使えます。

特に重宝するのはお弁当作成時、朝の限られた時間。一瞬で味が決まるのが嬉しいです。

うちの焼き肉のタレの作り方

子供も大人も食べられるように、辛味を抑えて作っています。お好みで一味や豆板醤を足して食べてもおいしいよ。

材料

必要なモノ

  • にんにく 1かけ
  • 生姜 1かけ
  • りんご 1/2
  • 玉ねぎ 1/2
  • 醤油 250cc
  • 味醂 50cc
  • 酒  50cc
  • 黒蜜 大さじ2
  • ごま 大さじ1
  • ごま油 大さじ1

 

すりおろす

りんご・たまねぎ・しょうが・にんにくをすり下ろします。おろしきれなかった部分はみじん切りにして使います。

鍋に入れて煮る

ごま油以外の材料を鍋に入れて、中火にかけます。沸騰したら弱火にして、30分程度煮詰めます。

一度勘違いして、ひと煮立ちで終わらせたら、玉ねぎの刺激が残っちゃったことがありましたね。

ごま油を入れる

最後にごま油を入れて混ぜます。お好みでラー油や豆板醤、コチュジャンを合わせてもOK。
子供たちが食べられるように、辛味は後入れにしています。

コチュジャンを足すと、辛味噌なタレに。

コチュジャンだけじゃタレとしては物足りない。
でも、焼肉のタレにコチュジャンを足すと・・・・辛味噌な焼き肉のタレになります。

漬け焼きでも、つけダレでも。焦げやすいので、私はつけダレ派。

 

置き換えしたい度

簡単に作れるので、焼き肉するぞ!ってタイミングで作ります。まとめて作って、冷凍すると数ヶ月に1度の作成でOK。

手間もかからずコスパも悪くないので置き換え可能です。

あさかわだ
あると便利でガンガン使ってしまうのです。

私は焼き肉のつけダレ以上に、肉野菜炒めの調味料として愛用しています。

これまで使っていた市販のタレのスパイシーさはありません。香辛料を工夫するとより好みの味に作ることができそうです。当たり前ですが、化学調味料系だなーっていう味はしません。

 

子供たちと大人たちの両方が使えるということを絶対条件として作っているので、子供は喜んで使ってくれます。このタレで和えたレタスサラダはもりもり食べてくれる。

お肉の漬けダレとしても優秀で、火を通しても柔らかく食べられます。りんご酸のパワーでしょうか。

味的置き換えしたい度 ★★★★☆

コスパ

特別な材料を買い揃える必要はありません。

コスパ的置き換えしたい度 ★★★★★

手間・時間

手間・・・調味料を量る、野菜をおろす
主な洗い物・・・おろし器
時間・・・制作時間45分くらい。味を馴染ませたいなら、1日くらい静置

これ、冷凍保存できるのです。数ヶ月に一回なら別に苦じゃない。

手間的置き換えしたい度 ★★★★☆

 

安全・安心

◯原材料・化学調味料・添加物について◯

手作り焼肉のタレ

醤油・味醂・酒・砂糖・黒蜜・りんご・玉ねぎ・にんにく・生姜・胡麻・胡麻油

E食品の焼肉のタレ

醤油、砂糖、みそ、果実類(りんご、レモン)、発酵調味料、食塩、野菜類(玉ねぎ、生姜、にんにく)、果糖ぶどう糖液糖、ラージャン、蜂蜜、ごま油、白ごま  (原材料の一部に小麦を含む)

◯賞味期限・食中毒について◯

冷蔵保存なら、清潔な瓶に詰めて2週間くらいで使い切りたいです。

長期保存には冷凍庫保存がおすすめ。

安全・安心的置き換えしたい度 ★★☆☆☆

 

手作り 焼肉のタレ まとめ

  • 手順が簡単、作ってすぐに使える。
  • 特殊な材料はいらず、揃えやすい。
  • スパイシーさより、子供の食べやすさを重視したタレ。
  • 豆板醤・一味・ラー油等を加えて、各々好みの辛味で食べるとよい。
  • 冷蔵保存で2週間くらい。長期保存なら冷凍保存で。
  • 焼肉のタレとしても、ドレッシングとしても優秀

 

こちらの記事もよく読まれています

-アジアン系調味料
-

© 2021 自家製ラボ Powered by AFFINGER5