カレー

自家製の固形カレールウのレシピ2種【小麦粉ベース・玉ねぎベース】

2018年5月11日

こんにちは、自家製ギークあさかわだです。この記事は固形カレールウの作り方をシェアします。

カレールウってすごく便利。溶かすだけであっという間にカレーができるんですもの。
手作りできるんですよ、カレールウも。


作るのがとても簡単で、アレンジや工夫も楽しめます。
見た目も可愛らしく、インスタ映えしそうです。


あさかわだ
ただ、ここで紹介するルウは市販品のように「味付け」いらずではありません。

こんなカレールウです

  • 食品添加物・化学調味料不使用
  • 具を煮る時に、スープの味つけをする必要がある
  • 小麦粉使用ルウはとろみがつけられる
  • 玉ねぎメインルウはスパイスカレー向き

味も決まるルウを作る場合は、顆粒コンソメ・調味料を足せば作れると思います。

あさかわだ
このブログは顆粒だし不使用にこだわっています

では、「小麦粉とバターで作る王道のルウ」と、トロみは付きませんが「玉ねぎで作るルウ」の2種類をシェアします。

この記事で分かること

  • 小麦粉とバターで作る固形カレールウの作り方
  • 玉ねぎで作る固形カレールウの作り方
  • 作ったカレールウの使い方
  • 自家製カレーを気軽に楽しむための方法3つ

小麦粉とバターで作る固形カレールウ

シェラカップで固めたから円い

材料

材料(4人分)

  • 薄力粉 40g
  • バター 40g
  • お好きなスパイス又はカレーパウダー 小さじ6(大さじ2)
    ※スパイス量は目安として

夫Y氏
いや、スパイス分かんないから!!

スパイスが全然分からないよ!っていう場合は、インドカリー子さんの配分を参考にしてみましょう。

カリー子3つのスパイス(2人分)

  • クミンパウダー(クミンの粉末)小さじ1
  • ターメリック(ウコンの粉末)小さじ1
  • コリアンダー(パクチーの種の粉末)小さじ1

+チリパウダー(辛口・小さじ1/中辛・小さじ0.5)

その他にもこんなスパイスがあります。粉末のほうが扱いやすいです、香りが弱いってこともないですよ。

  • カルダモンパウダー
  • シナモンパウダー
  • オールスパイス
  • パプリカ(辛味なし)
  • チリパウダー・カイエンペッパー(唐辛子)
  • ブラックペッパー(胡椒)

カルダモンの香りが大好きなので、ルウカレーには必ずいれています。

 

作り方

スパイスのいい香りが!

簡単な流れ

  • バターと薄力粉を混ぜ、熱を加える
  • 薄力粉に火が入ったらスパイスを混ぜる
  • 型に入れ、冷やし固める

 

step
1
バターを溶かす

フライパンを温めて、バターを溶かします。

あっという間に溶けて焦げるので目を離さないで!

step
2
火を止め、薄力粉を入れ、すり混ぜる

高温だとダマになりやすいので、一旦火を止めます。

軽くダマを防ぐためにザルで薄力粉を入れます。

神経質にならなくてOK

すり混ぜる

step
3
加熱する

弱火〜中火にかけ、混ぜながら火を入れていきます。

焦げないように、しつこく炒めると・・・

ふっ、と突然に粉が水っぽく緩みます。

step
4
スパイスを混ぜる

薄力粉が緩むくらい炒めたら、スパイスを混ぜます。

スパイスの香りが軽く立ち、なめらかになるまで炒めます。

step
5
型に入れる

型にいれたら、冷凍庫で冷やし固めて完成。

油っぽいので簡単に型から外れる

切ったら固形のカレールウだ!

使い方のポイント

ポイント

  • 塩・コンソメ不使用で作ったルウなので、味がしません。
  • カレーを作る時は、具を煮る段階で味付けをします。

カレーを作る

野菜や肉を炒めます。
生姜、ニンニクのみじん切りを入れると香りが良いです。

鶏ガラスープ・コンソメ・ブイヨンなど、旨味のあるスープで煮ます。
顆粒だしを使いたくない人は、ほぼ鶏ガラスープを試してみてください!

塩やウスターソースでスープを濃いめに味つけます。

おすすめの調味料

※ご使用の調味料によって違います。調整してください

最後に、ルウを溶かして完成です。

ひき肉と玉ねぎのカレーなら10分でできる

 

溶かしてから、さらに火を入れる

薄力粉の粉っぽさが残る事が多いので、ルウを投入した後に再度加熱します。

 

玉ねぎで作る固形カレールウ

小麦粉を使用しないカレーを作る時に便利な、玉ねぎベースの固形ルウです。
そもそも小麦粉を使用しないので、ルウと呼ばない方が良いのかもしれません。

スパイスペーストを凍らせて、わざわざカットしてキューブ状にした物・・・という感じですね。

一応、この記事の中では固形ルウと呼んでおきます。

 

材料

スパイスについては前述した通りです。小麦粉とバターが玉ねぎに変わります。

基本の材料(4人分)

  • 玉ねぎ 2個
  • お好きなスパイス又はカレーパウダー 小さじ6(大さじ2)
    ※スパイス量は目安として

他に隠し味系の材料やハーブも混ぜることができます。

  • りんご
  • パクチー(コリアンダー)
  • 黒蜜や蜂蜜
  • コーヒーパウダー
  • トマトピューレ

あさかわだ
ウスターソースや塩などで味をつけてしまうことも可能です。調整がむずかしいけども

作り方

step
1
玉ねぎをピューレ状にする

玉ねぎを粉砕します。ブレンダーでもみじん切りでもOK。

他に野菜や果物を使いたい時も同様にペースト状にしておきます。

step
2
スパイスの準備

これらをフライパンで煎ります。少し濃い色になり、香りが立ちます。
(省略しても問題ありません)

スパイスを煎る

step
3
玉ねぎを炒め煮する

玉ねぎを炒めて火を通します。飴色玉ねぎになるくらいしっかり火を通します。

飴色になるとコクがでますが、とりあえず生で辛くなければいいと思っています。

 

step
4
スパイスと合わせる

玉ねぎが煮えたら、スパイスと合わせます。

調味料を入れる場合は、この時にいれます。

ウスターソースをIN

step
5
型に入れて凍らせる

タッパーやバットに入れて凍らせます。

ラップを使うと、剥がす時に破れます。コンタミしそうであまり良くないと思う。

簡単に外れます

完成です!

使い方と注意

ポイント

  • 薄力粉を使っていないので、とろみはつかない
  • 溶けると粉砕された玉ねぎが解れる。舌触りが悪く、スープ系には向かない
  • スパイスカレーやカレーチャーハンなどに適

余談ですが、スパイスカレーというのは所謂「ルウ」を使わずに作るカレーの総称なんだそうです。
でも、インド・タイなどの現地カレーは含まれないとのこと。
インドやタイのカレーに影響を受けつつ、ルウを使わずに、スパイスを使って自由に作られたカレー・・・ってことでしょうか。

(情報元:スパイスカレーって、なに!? インド料理店では使ってはいけないってホント!? カレーマニアが解説!/Oggi.jp

スパイスカレーを作る

まずは、にんにく・生姜を炒めます。

写真はにんにく・パクチー・生姜・激辛南蛮・玉ねぎのペーストを凍らせたもの

固形ルウを入れて、こちらも解凍します。

ほぐれてきました。ウスターソースを入れて作ったルウなので、もういい匂い。

ひき肉を入れて炒めます。

トマトピューレでとろみと酸味を加える作戦です

なんだか色がいまいちなので、ターメリックを追加しました。

ココナッツミルクも入れてみました。これでもっと黄色くなるでしょう。

ココナッツミルクは熱するとグリーンがかった黄色になる

ご飯にのせると色気が無いけど、メチャウマカレーでした。
バター・小麦粉不使用でライトかと思いきや、ココナッツミルクの香りとコクがあります。

ウスター入で味付け不要でした。

あさかわだ
ココナッツミルクはタイカレーが有名ですね。

 

自家製トマトピューレが切れたあとは、こちらのトマトピューレを使っています。


自家製のカレーを楽しくする3つの方法

あさかわだ
んーー・・・・

カレールウの売りってなんだと思いますか?
形の可愛さ・・・ではないですよね。

お鍋にぽんと入れるだけで、カレーができる。この手軽さを求めてカレールウを買うんだと思います。

カレールウは難しくないです、簡単に作れます。
ただ、もっと簡単にルウ不使用カレーを作る方法が色々あるので、作り続けるに至らなかったのだと思います。

簡単にルウカレーを楽しみたい!という目的の方にはこちらがおすすめ

また、本格的さが欲しい方はこちらがおすすめ

コンソメスープに困っている方はこちらがお役に立てるかと思います

まとめ カレーの固形ルウは作れるが、私には必要なかった

スパイスと薄力粉を混ぜて置くと早い

簡単さを求めるのであれば、ルウじゃなくてもいいなというのが個人的な感想です。
ルウづくりに必然性がなかったので継続しませんでした。

まとめ

  • 固形のカレールウは簡単に作れる
  • 小麦粉+バター+スパイス=一般的な固形ルウ
  • 玉ねぎ+スパイス=小麦粉不使用カレー向けの固形ルウ
  • スパイスはクミン・ターメリック・コリアンダー+チリペッパーが基本
  • コンソメスープの素の代用として「ほぼ鶏ガラスープ」がおすすめ

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!

こちらの記事もよく読まれています

-カレー
-, , ,

© 2021 自家製ラボ Powered by AFFINGER5