欧米系

ごま油で作る自家製マヨネーズ【胡麻ダレづくりに適】

2021年3月21日

こんにちは、自家製ギーク主婦ブロガーあさかわだです。この記事は「ごま油で自家製マヨネーズを作ってみた」です。

私、ずっと作り続けている自家製マヨネーズがとても気に入っています。ええ!とっても!

「菜種油・酢・塩・砂糖」のみで作ります。香辛料を使わない分、使い回しやすいです。

もはや他のレシピで作るつもりは無かったけれど・・・・ 他の油で作ったらどうなんの?というのは単純に興味がある。

  1. どんな味、おいしいの?
  2. 汎用性は高い?
  3. リピート有り?無し?

今回はごま油でマヨを作ってみました。結果的には2回作成。レシピと感想・考察をシェアします。

ごま油で作る自家製マヨネーズ レシピ

いつも作っているマヨネーズのレシピで作りました。違いは油が「ごま油」ってだけです。

ごま油マヨの材料

肝心のごま油は開封したてを使用しました。

1回目は太香胡麻油、2回目は純正胡麻油(両方とも圧搾にこだわるマルホンごま油

  • 卵 M〜L 1個
  • 酢 大さじ1.5
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • ごま油 150ml

酢は米酢派です。米酢はマイルド、穀物酢はシャープに仕上がります。お好みです。

ごま油マヨを作る

基本のマヨづくりと気をつけることは同じです。

  • 卵を常温にしておく
  • 油を少しずつ注ぐ
  • 新鮮な卵・油を使う

撹拌(油以外)

卵・酢・砂糖・塩をFPに入れて撹拌します。 よく混ざったらOK

撹拌2(油を追加)

いよいよごま油の投入です。ポタポタ少しずつ入れていきます。

Panasonicのフープロは、マヨ用(?)の穴が開いている。

羽じゃなくても大丈夫。カッターで十分OK。

味 ごま油マヨは「クリーム状ごま油」

太香胡麻油のマヨ

見た目はなんの変哲もない自家製マヨネーズ。

アボカドで試してみた

実食してみての率直な感想です。そのまま食べて「美味しい!」とはなりませんでした、私の場合は。

夫Y氏は「ちょっとアクセントが効いていて嫌いじゃないよ」の感想でした。

  • 香りが「ごま油」過ぎる
  • マヨとしてのコク<ごま油としてのコク
  • 胡麻に対して「砂糖の甘み」が足りない

とにかくごま油の主張が強い。私ならマヨコーナーではなく、ごま油コーナーに陳列します。

純正胡麻油の方が、若干色味が濃い。

そのまま食べるマヨではない。認識を変えました。 このマヨを使って何かを作れる気がします。そう・・・アレです。

\ 味・・・単品だと微妙 /

汎用性 使い回しが効くかを調べる

この3種を作って食べてみました。

  1. 作る前からイケると思った「胡麻ダレ」
  2. 作ってみないと分からない「たまごサラダ」
  3. 芋が余っていたので「ポテトサラダ」
  4. ごま油マヨだけで「レタスと卵炒め」

ちなみに、私がいつも作る胡麻ダレや胡麻ドレの材料はこうです。

  • 練り胡麻
  • 自家製マヨネーズ
  • 砂糖
  • 醤油

練り胡麻がお高いので、しゃぶしゃぶの時くらいしか作りません。 ごま油マヨを使えば、練り胡麻が無くても良さそうですよね。

たまごサラダは実験です。これが美味しければ、定番メニューにも使えるでしょう。

胡麻ダレ 材料と作り方

分量調整後の材料です。これで3人前のしゃぶしゃぶの胡麻ダレができました。

  • すりごま  大さじ6
  • ごま油マヨ 大さじ3
  • 米酢    大さじ2
  • 醤油    大さじ2
  • きび砂糖  大さじ3

てんさい糖で作ったバージョン

作り方は混ぜるだけです。練り胡麻より混ぜやすい。

練り胡麻なしの胡麻ダレができました。

胡麻ダレ 豚しゃぶで食べた感想

  • マヨのごま油→ごまの香り担当
  • すりごま→味担当って感じ
  • マヨネーズのクリーム感→練り胡麻の代わり

なかなか丁度良い置き換えです。 他の材料についての考察もしてみます。

  • きび砂糖→粒子が細かく混ぜやすいので適
  • 酢→大さじ1から好みの酸味を探すと良い
  • ドレッシングなら酸味強めにしたい

そのままドレッシングとして使っても良かったです。酸味がもう少し強い方がドレッシングっぽいかな。

練り胡麻を買わずに胡麻ダレが作れるのは良いですね!

たまごサラダ 材料と作り方

素材の感じが分かりやすいように、マヨと卵だけで作りました。

  • ゆで卵 3個
  • マヨ 大さじ6くらい
  • 塩 ひとつまみ
  • 砂糖 小さじ2くらい

作り方は卵と混ぜるだけ。完全に自分好みに、塩・砂糖で調節しました。

  1. ゆで卵をみじん切りにする
  2. ごま油マヨと1を混ぜ合わせる
  3. 砂糖・塩で味をととのえる

たまごサラダ パンやご飯にのせて食べた感想

ほとばしる、ごま油風味のたまごサラダ。ナシではない。が・・・

  • まずいわけではない
  • 美味しくないわけではない
  • ママ友に「おもしろい味だね」 と言われそう
  • 創作居酒屋で一度頼んだとしても、リピはしない
  • おそらく今後、作らない

友人の家で出されたら「へー、おもしろ~い」って思う。(でも真似して作ったりはしない)

実家で出されたら「おもしろいけど、コレジャナイ感あるなー」って言う。

定番のポテサラも同様でした。

変わり種として、たまに作ったとしても「おいしいけど、いつものポテサラ」がいいなって思うやつ。

ごま油マヨのレタスと卵炒め 食べた感想

ごま油・マヨ炒めのレシピってよく見ますね。なら、ごま油マヨ一本で置き換え絶対可能でしょう。

子供は卵ポロポロが好き。

はい、可能でした。

置き換えられるけど「すごく楽、美味しい!」って訳じゃないですね。ごま油で炒めて、普通のマヨで味付けしたのと同じです。

決して「無いわー」って訳じゃないんだけど、定番メニューには基本マヨの方が好き。

\ 汎用性△・・ピッタリハマるのは胡麻ダレのみ /

改善点

好みはさておき、そのまま食べても「とりあえず美味しい」マヨにしたい。

  • 砂糖を小さじ1→大さじ1以上にする
  • あとは通常のマヨでもですが、マヨの基本は「良い油」だと思う。

通常のマヨよりも、砂糖を多くすることで「胡麻の香り」と「甘み」のバランスがとれると思います。

大さじ1の砂糖で作ったマヨ。小さじ1よりはいいけど、やっぱりごま油が強い。

ごま油自体の質にこだわると、また少し違う結果になる気がします。

「純正」の意味を知る・・・

今回使ったごま油はマルホンの「太香胡麻油」と「純正胡麻油」です。どちらも焙煎してから圧搾して作られています。

よく聞けど「純正」ってなに?

  • 純正は「100%ごま油」でできた「ごま油」
  • 非純正のごま油には、他の食用油がブレンドされている
  • ごま油が60%以上のブレンドされた食用油は「調合ごま油」

太香胡麻油には胡麻油の他に大豆油等が入っているということでしょう。色の薄さはこのためかな?

私は「圧搾」を選ぶ

菜種油も圧搾・湯洗いを好みます

「圧搾」ってなんかいいの?

  • 油の抽出に化学溶剤を使わない

化学溶剤(ノルマルヘキサン)を使って抽出する方が、多くの油を抽出できます。ゆえに、多くのメーカーがこの絞り方を採用しています。

ヘキサン自体は製造過程で取り除かれ、健康に害がなく安心です。残らないので、ラベルのどこにもノルマルヘキサンの表示はありません。

でも、ノルマル使ってない油がいいなあ心の声

なので「圧搾」を選びます。

今回使ったマルホンのごま油も圧搾製法です。

油の精製時にも薬品が使われます。↑の坂本さんの油は「湯洗い」です。薬品を使わない昔の製法です。

リピートはアリだが、常備は不要

さて、今後「ごま油マヨ」を作るか否か。

  • 練り胡麻よりも安価で、簡単に胡麻ダレを作れる

この一点で、胡麻ダレがほしい時に作成するかもしれません。

材料とフードプロセッサーさえあれば、いつでも作れますからね。

「常備」はしなくてもいいや。作りたいときに作る、気楽です。

\ リピート・・・アリ 胡麻ダレの為だけに /

ごま油で作る自家製マヨネーズ まとめ

  • 味 ごま油の風味が個性的
  • 味 砂糖多めで作ると、胡麻と相性が良い
  • 汎用性 低い。胡麻ダレには満足
  • リピ アリ 胡麻ダレを作るため
  • リピ 常備はしない

練り胡麻をは小さいサイズを選んでも、いつも余らせてしまう。買わなくていいと嬉しい。

私はやっぱりいつものマヨが良いです。

ふるさと納税でゲットしている、菜種油で作ります。非遺伝子組み換え、圧搾、湯洗いです。

 

軽い仕上がりのマヨになるし、コシが強くて気に入っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらの記事もよく読まれています

-欧米系
-, , ,

© 2021 自家製ラボ Powered by AFFINGER5