フードプロセッサーで簡単に手作りマヨネーズが出来ました

2018年6月19日

ずっと手作りにしたくて気になっていたマヨネーズを作ってみました。これなら、もうマヨネーズは買わなくて良いでしょう、という手軽さと味でした。マヨネーズは分離しやすく難しい、撹拌が大変という印象がありませんか?はい、ありました。あと洗い物も大変そう。

フードプロセッサーでウイーンってやれば良いのでしたΣ(´∀`)ラクチン!!

作っている様子をご紹介します。あれ、簡単だな!!と思ったら是非作ってみてください。

参考はこちらです!

作りたいものを見つけるのに眺める大好きサイト様です。

※キャノーラ油を使うのをやめたので、記事をリライトしています。

材料

  • 卵 1個
  • 酢 大さじ1と1/2
  • 塩 小さじ1
  • 胡椒 少々
  • キャノーラ菜種油 150cc
LDL200 Y氏
レシピではサラダ油ですが、僕の健康の為にキャノーラ油にしています。

 

作り方&作っている様子

油以外の材料を混ぜる

まずは卵を常温に戻しておきます。

フードプロセッサーに常温にもどした卵、酢、塩、胡椒を入れます。

数十秒撹拌して、油以外の材料をよく混ぜます。

マヨネーズ撹拌の様子
混ぜすぎないようにも気をつけました

油を入れて混ぜる

油を入れる勢いが肝で、少しずつ入れては混ぜるのが大切だそうです。勢いよくいれてしまうと分離してしまうと・・・・・こりゃ難しい。でも、うちのフードプロセッサーなら大丈夫です。なぜなら穴が開いているから(・∀・)

フードプロセッサーの小穴
蓋の中心のくぼみの右上に小さな穴が!

ここに油を注ぎつつ、ウイーンをしました。ウイーンを止めずに油を注いでいきました。

途中で蓋を開けたくなりましたが、怖かったので開けずにウイーンしました。開けたらだめかどうかは分かりません。今度開けてみます。

油を150cc入れ終わるのに2分くらいは回していました。途中で機械が壊れないかと心配しましたが、別になんともなかったです。モーターの変な匂いもしなかったです、匂いには気をつけていました。

もったりマヨができました。2回作って2回とも上手くいったので、成功率は今のところ100パーです。そりゃそうか。

※その後10回くらい作ったけれど1度失敗しました。手順は同じだけど、分量がちがうレシピでした。

失敗する気はしませんが、卵を常温にもどすのは大切な気がします。勘です。早めに出しておくのはそんなに大変じゃないので、これからも常温卵を用意します。実験しません。

2回目に作ったとき。胡椒は上手く撹拌されず、底に固まっていました。

味の感想 市販のものとは違う

味ですが、正直一口目は拍子抜けしました。

「・・・・あれ?思ったほど美味しいわけでもない(´・ω・`)」

市販のマヨネーズって美味しいんだな。研究員が研究してんだもんな。

コクというか、深みというか、濃さっていうか・・・何かさっぱりしすぎている感じ。美味しくないわけではないけれど、ちょっと物足りないかな??味の素か砂糖を入れてやりたい。粘度も少し低めです。市販のマヨはしっかり角が立つけど、この手作りマヨは角がやや傾く感じ。

ですが、キャベツの千切りにかけて食べてみたら驚きました。

なにこれ・・・・絡む。しかもさっぱりしてるから、いくらでも食べてしまう。キャベツには最強に合いました。一人で4分の1玉の雪の下キャベツを食しました。キャベツ自体も美味しかった。(今、札幌でキャベツ一玉は400円。だがこのキャベツは自宅雪室に入れていた11月に150円で買ったもの!)

ちょっと洒落たカフェランチなんかに行くと、マヨもキューピーじゃないな・・・って思う時があったけれど、それは手作りマヨだったのでしょうかね。近い気がします。

ちなみに、2回目は砂糖を大さじ1弱入れましたが、どっちでもいいやって感じでした。どっちも美味しいです。

きゅうりとカニカマの千切りにマヨを和えたサラダにも使いましたが、キュウリは水分が出やすいのでビシャビシャになりました。市販のマヨもそうですよね・・・食べる直前に和えるべきだったのでしょう。味ですか?美味しかったです。

まとめ リピはあり!自家製で十分

いつも食べていたキューピーマヨネーズの原材料を見てみました。

食用植物油脂、卵黄、醸造酢、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に卵・大豆・りんごを含む)

食用植物油脂→自分の安心できる油を選べる。キャノーラは使わない。

醸造酢→怪しいものではないのだろうけど、純米酢にすることができる。

食塩→好きな塩を使える。今回は沖縄の粗塩

香辛料→何が入っているか分からないものが胡椒だけになる。または好きなモノを入れて楽しめる。

調味料(アミノ酸)→いらない

香辛料抽出物(一部に卵・大豆・りんごを含む)→よくわからないのでいらない。

 

自分でよく分からないものは削りたいので、手作りのマヨを使っていこうと思います。それができるくらいに簡単でした。

あと、市販のマヨよりも粘度が低いので、わりとサラッと水に流れて洗いやすかったです。

※2018/06/18追記 10回作っての感想

市販のマヨネーズが美味しいと思えなくなりました。作り始めてから一度も買っていません。特に、カロリーハーフとかコレステロール0に強い違和感を感じます。

おいしいです、手作りおいしいです。

ツナマヨ
手作りのツナとマヨでつくるツナマヨ

 

※個人の感想です

おまけ フードプロセッサーについて

うちのフードプロセッサーは嫁ぐ前からこの家にあり、ほこりをかぶっていたものなので古い型だと思います。アタッチメントも色々ついていましたが、料理に興味がなかった時に、使い方が分からず捨てました。ただ粉砕・撹拌の為に使っていますが便利です。

  • 玉ねぎ等野菜のみじん切り
  • 肉のミンチ
  • 胡桃餡を作る
  • 豆腐の生呉づくり

などなど・・・と言いたいところですが、書いてみると大したことなかったです。でも不器用な自分にとってはミンチもみじん切りも楽になって便利です。

蓋を押すとウイーンってなるやつです。

こんな感じのパナソニックの古い古い古い型だと思います。でも困っていないので買い替えも考えていません。容器のガラスは清潔感があるけど重いです。

ウイーンで簡単に出来るシリーズはこちら