お家で作るめんつゆは大変美味しいので、超オススメ

2017年11月18日

めんつゆ

めんつゆは自家製だの無添加だのにハマるきっかけになったものです。当時は簡単にできるレシピがCOOKPADにあり、しばら〜くそのやり方で作っていました。鰹節を調味料と一緒に煮て作るので簡易バージョンだと思います。それでも手作りめんつゆのうまさには本当に感動して、普通のめんつゆではそうめんを楽しめなくなってしまいました。余計なものが入っていないシンプルな味です。

↓コチラがその記事です、古いけど↓

今は大好きな白ごはん.comさんのレシピをかじっています。白ごはんさんは、麺の食べ方によって何種類かつゆを紹介されていて、私はその中の「ざるうどんのつけつゆ」を何にでも使える家庭用万能めんつゆとしています。出汁のとり方が上のレシピと違い、白ごはんさんは昆布と煮干しとサバ節鰹節の合わせだしです。

↓時間があるときは、食べ方に合うつゆを調べてみると良いと思います。

あさかわだ家のめんつゆ feat.白ごはん.com

材料

だし汁の材料

  • 昆布20g
  • にぼし20g
  • 花かつお40g
  • 水2L弱

他の材料

  • 醤油 だし汁の1/4
  • みりん だし汁の1/4
  • 砂糖 小さじ2

白ごはんさんのレシピでは醤油、味醂はだし汁の1/5。砂糖はありません。

使う道具

  • 2Lのお茶ボトル
  • 大きめの鍋
  • ボール
  • ざる
  • キッチンペーパーかさらし

出汁の取り方

煮干しと昆布を水につけておく

めんつゆを作る前の晩に、昆布と煮干しを2Lボトルに入れて水を入れておきます。昆布と煮干は計量しますが、水はボトルにいっぱい入れて大体2Lとします。煮干しは頭と腸をむしりとっておきます。

煮干しは一匹3〜5gでした。頭と腸をとったあとの重さです。

出汁とり
煮干しと昆布を入れたボトルの中

これに水を入れて冷蔵庫で一晩置くのです。(ーー)zzzz

漬けておいた昆布と煮干しごと沸かす

翌日(朝でも夕方でも)、水出しの出汁2Lボトルを昆布や煮干ごと火にかけます。弱火でゆっくり煮だします。沸騰する前に煮干しと昆布は取り出します。昆布の香りが強い。

取り出した昆布と煮干はせんべいにするので、とっておきます。

花かつおを入れて、煮だす

沸騰直前で昆布たちを取り出した後、沸騰させます。沸騰したら火を消して鰹節を投入します。

かつお煮だす
沸騰させてしまうこと多。。

もう一度弱火にして、5分煮ます。

ざるで濾す

やけどに気をつけて、ざるで漉します。キッチンペーパーを敷かない時もありますがカスが入るから敷いたほうがもちろん良いです。

濾過
ボール、ザル、キッチンペーパーを重ねて濾します。ボールを忘れないように!
だし汁
綺麗な出汁が取れました

調味料と出汁を合わせて、沸かす

出来ただし汁を計りながら、鍋に入れます。レシピでは、だし汁とみりんと醤油は5:1:1なのですが、私はいつも味醂400ml醤油400mlです。だし汁が大体1600mlくらい出来上がるので、実際は4:1:1くらいなのです。あと、砂糖も小さじ2入れたり、みりんを100〜200ml増やすこともあります。甘さは追加します、好みでよいと信じています。

調味料と合わせたら、一度沸かして完成です。

濃く作るのは冷たい麺好きな我が家だと氷で薄まるストレートが好まれないからです。(氷入れないならストレートの濃さでいいです。)

で、2倍濃縮までいかない濃さに出来上がったものを氷と合わせると丁度です。

めんつゆの使いみち

うちの料理は殆どこのめんつゆで作られているといっても過言ではないです。

煮物、汁物、卵焼き、親子丼、何でもめんつゆを使います。これをベースに料理によって、甘みの味醂や砂糖を足したり、醤油を足したりします。ともかく便利。

市販のめんつゆだと、こういう使い方すると何となく味が一辺倒になって飽きるんですが、手作りだと飽きないです。なんか上手く化けてくれる気がしています。

もちろん、麺のつけつゆが最高です。本当に市販のめんつゆじゃ満足できなくなります、でも作るのもそんなに大変じゃなくてもう数年作り続けています。でも、何回も作ってるのに調味料の量が把握できるようになったの最近。(笑)

あと出汁ガラはせんべいにしちゃいます。

クッキングペーパーに昆布を並べて、ごま油を塗って600wで5分チン。そして、塩か味の素を振りかけ、もう一度600wで5分チン。完成。パンパン音がなるけど大丈夫です。次男(1)が好みます、昆布せんべい。小さくして与えています。

↓めんつゆをつかってますぜ

ほうれん草ともやしのおひたし
黒カレイの煮付け
黒カレイの煮付け