普段使いの鶏ガラスープ!顆粒だしを使わずに作れます。

2017年11月18日

チキンスープ

鶏ガラスープの素は本当に便利で、スープはもちろん卵粥や炒め物、あんかけ焼きそばの餡等、頻繁に使っていました。今でも全く無いとCOOKPADレシピには対応できないものもあって、一応備蓄はしています。でも、最近はめっきり出番がありません。それと言うのも、糖質制限の時期にある素晴らしい発見をしたからです!

鶏ガラスープの素がなくても、鶏ガラスープが作れるのです。感動です!顆粒だしを使わなくても、鶏ガラを煮こまなくてもいい。

ただ、顆粒だしの様に保存がきくものではありません。鶏肉を茹でた時がチャンス。マイルドな優しいスープを是非ご賞味ください。

Y氏
といっても結構頻繁に鶏胸肉を茹でるので、しょっちゅう飲んでいます。もやしや卵と合うよ

顆粒鶏ガラスープ不使用「なんちゃって鶏がらスープ」

用意するもの

  • 塩麹で鶏胸肉を漬けたもの(鶏胸2枚に大さじ3〜4の塩麹でやっています)
  • 昆布だし1L(水でも可)

作り方

鶏胸肉やささみを塩麹をまぶして一晩以上置きます。基本我が家では胸肉2枚を皮ごと漬けてしまいます。

塩麹胸肉
塩麹漬け、茹でた鶏肉は柔らかくてしっとり。何も味付けせずに食べられます。我が家では通称鶏ハム。

鶏肉を茹でるべく、お湯を沸かします。今回は昆布だしを沸かしました。昆布は沸騰する前に取り出します。

昆布だし
水でもオッケー、好みや気分でどちらもやります。

沸騰したら鶏肉を入れてそのまま1〜2分茹でます。水で茹でる場合は塩麹を付けたままの方が旨味がしっかりして美味しいです。塩麹付きだと、味の調整も楽ちん。何もいらない時すらあります。甘みよし、旨味よし、塩気よし。

今回は旨味たっぷりの昆布だしで茹でる為、塩麹をキッチンペーパーで拭き取りました。

鶏胸をゆでる
水1Lに塩麹付き胸2枚で茹でる場合、肉にひっついている分で十分です。塩麹の量が多いと塩辛いので注意!
あさかわだ
塩麹をつけたままだと、味はいいんだけど仕上がりのときに麹のプツプツが散っていてあまり美しくないです。

 

じじ
プツプツなんてそんなもん気にならねえよ。

2分程茹でていると、再沸騰してきます。火を止め、蓋をして、粗熱が取れるまで放置です。ささみは10分ほどで茹で上がりますが、鶏胸は粗熱が取れるまで蓋を開けないことにしています。半端に生だと、追加で火を入れるのが大変なので。

鶏がらスープ
皮は剥がして入れます。入れればコク深く、入れなければサラッとさっぱりスープ。気分でどちらでも。

粗熱が取れたら、鶏肉を取り出します。鶏肉は鶏肉でおいしく召し上がれます。

なんちゃって鶏ガラスープ
調味料を何も入れない状態のスープ。
塩麹を付けたまま昆布なしで茹でたスープ。粒々が浮いていて、より麹の甘い香りがします。

お好みの具材を煮てスープの完成ヽ(=´▽`=)ノ

チキンスープ
ネギ、人参、卵を入れたスープです。味付けはしませんでしたが、塩胡椒しても良かったかも。
麹付き茹で汁のスープ。白菜と人参とコーン。案外スープの粒々目立たない。コストコのコーン缶の備蓄便利。

 

Y氏
僕にはちょっと塩気が足りなかったなー
あさかわだ
好みで味付けが変えられるのがいいです、醤油、オイスター、塩胡椒、何でも。おろし生姜を溶いても(・∀・)イイ!!合わせ技もOK!

片栗粉でとろみをつけて、中華飯の餡にもできます。要は市販の顆粒+水の代替ができる。

息子K
ラーメンのスープにも!

あさかわだ家の鶏ガラスープ概要

あさかわだ家には鶏がらスープに3つのバリエーションがあります。

  1. 顆粒の鶏がらスープをお湯に溶かしてスープにする。
  2. 鶏胸肉やささみを昆布だしで茹でる、その茹で汁で「なんちゃって鶏ガラスープ」
  3. 塩麹漬けした鶏胸肉を塩麹ごと茹でる。その茹で汁で「なんちゃって鶏ガラスープ2」

今回紹介したのは、3番の塩麹ごと茹でるやつ。茹で汁は水でも昆布だしでもOK。塩麹で漬けない2番の場合は昆布だしで茹でないと、ただの茹で汁って感じでスープには物足りない。

顆粒の鶏がらスープ

味の素の「丸鶏がらスープ」を常備しています。味噌もダシも何にもない!っていうピンチを救ってくれるのはこの子です。

原材料名の表示を引用します。(引用元:味の素

食塩、デキストリン、チキンエキス、鶏油、野菜エキス、こしょう、たん白加水分解物、酵母エキス/調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、セルロース、乳化剤

原材料名は入っている量が多い順に書かれるそうなので、一番多いのは食塩。デキストリンはデンプンの一種、添加物はちゃんと勉強しないと、由来や問題点が全然分からない。でも、pH調整剤等保存料が入っているから日持ちするという恩恵があることは確か。

全てが体に悪いって訳ではないけれど、良いって訳でもないですよ。しかし、私は「化学調味料は悪!無添加・無農薬最高!」っていう主義ではないので、便利に使っています。日持ちがする、いつでも使えるっていうのは、便利ですよ。

ただし、これを使わずに、自力で取った鶏スープの方が美味しいと感じるのです。

なので、時折使うけど・・・なるべく使わない。というスタンス。

これを使ったスープの作り方は流石に今更なので割愛。

鶏肉の茹で汁で作る「なんちゃって鶏ガラスープ」

正式な名前が絶対あるはず、これを無駄にするなんて料理人のすべきことじゃないもの!と思っています。でも名称が分かりません。

昆布だしで鶏胸肉や鶏ささみを煮ると、市販の顆粒鶏ガラスープで作るスープの様な旨味の効いたスープになります。塩や醤油、オイスターソース等を使って塩気を足すのですが、好みの味に調整できるのも魅力です。

そもそもは、鶏団子を昆布だしで茹でると、茹で汁が美味しいスープになるということがヒントになりました。鶏団子のレシピは白ごはん.comさんです。

白ごはんさんでは、鶏ささみの茹で汁を生姜やネギをつかってスープにするレシピも公開しています。

塩麹漬け鶏肉の茹で汁で作る「なんちゃって鶏ガラスープ2」

鶏胸肉を塩麹漬けにして、それをそのまま茹でる。塩麹ごと茹でる。すると、旨味はもちろん、塩分も甘みも調整不要なくらい、そのままで美味しいスープが出来ます。茹でるのは、水でも昆布だしでもお好みです。私は殆ど毎回昆布だしで茹でます。

コツは塩麹の量です。1Lの水で2枚の鶏胸を茹でるなら、鶏肉にくっついてしまった分だけで十分。スプーンなどで塩麹を掬い、余分に入れると塩辛くて飲めなくなります。化学調味料と違い、出来は毎回一定ではないので味見しながら塩や醤油で調整します。

欲張る女あさかわだ
塩麹を欲張って多く入れると、塩辛くて水を増やし大量のスープを作ることになってしまうのでお気をつけくださいませ。

鶏皮も一緒に入れると、油も効いて更に美味しいです。そして鶏皮は取り出して、フライパンでしつこく油を取りながら焼くとカリカリで美味い。

鶏皮カリカリ
七味をかけたり、レモンをかけたり

今後挑戦はしてみたい!本当の鶏ガラスープ

とはいえ、私は本物の鶏ガラを使って「鶏ガラスープ」を作ったことがありません!顆粒の鶏ガラスープの素が一番身近でした。本物ってどんなだろうー、やってみたいです。身近なレシピから挑戦ですね、できたらレポートします。

茹でた鶏肉は・・・

塩麹漬けはしっとりハムの様になります。割いてもおいしい。追加の味付けはいらないです。うちのじじはこれをドレッシング代わりに、サラダを食べます。

って、写真が無いΣ(・∀・;)

※以下追加更新しました※

鶏胸
すっかり粗熱がとれた鶏胸ちゃん(麹付き)
皮を取って茹でたもの
真っ二つに切って、火の通り具合を確認。火が通っていない場合は、また沸騰する手前まで温めて、放置します
鶏ハム皮付き
皮をつけたまま茹でる時も有ります。肉の厚さによっては、うまくいきますが、皮のすぐ下の部分に火が通りづらいです。
鶏ハム皮付き成功
ほ、今回は大丈夫のようだぞ!
鶏ハム
こんな感じで切っておくと、いつの間にか量が減っている(無くなりはしないのは、こっそりのつもりか・・・?)